マイクロバブルを利用して汚染除去~ハイテクテクノロジー部屋~

ロードセルの種類

工場

食品を製造する工場では、昔は人の手を介して行なっていた作業も最近は機械によって行なうことが可能となっています。また、質量などを計測することが可能なロードセルを用いることで管理ができ、人件を割くことが出来るといえます。

詳しくはコチラ

様々なものがある

資材

ゴム製品は様々なものがありそれらは基本的に耐久性などが高いものとなっています。また、エラストマーというものはゴム関連であるものの通常のものよりも耐久性などが高いものとなっているために、使用範囲が広いものとなっています。

詳しくはコチラ

精密機械加工について

機械

精密機械加工はコストが高いですが、それによって出来上がる部品の性能は高いです。大量生産する時には一度、精密機械加工による金型を製造します。そして、それを用いて多くの部品を製造します。

詳しくはコチラ

とても小さな気泡

マイクロバブルの実用化に向けた現状

エコ

元々マイクロバブルは電子構造が不安定な状態となっており、接触した成分や微生物との反応によって、相手の構造を分解する作用を持っています。このマイクロバブルをコントロールする事で、水質中の汚染を効果的に除去する事も可能だと考えられている事から、水質汚染対策の根幹としての期待がかけられています。 現在では研究によって、マイクロバブルによる水質汚染への確かな浄化効果がある事を確信付ける段階には至ったとされています。その一方で、本格的な実用化に至るほどの大規模で効率的な活用方法の確立には至っておらず、さらに研究が行われている段階だともされます。

実用化を進めたり実用に関わったりする主な関連業者

こうしたマイクロバブルの研究は、環境負荷が少ない上に作業を行う人間へのリスクも少なくする事が可能とされており、従来の水質浄化システムを根底から覆すほどの意義がある研究と言われています。そのため、様々な技術研究を行う団体が、その構造解明に取り組んでいるとされています。 また、現状でもマイクロバブルは水質浄化以外の用途で既に実用化されていると言われています。代表的な例としては、船舶の摩擦防止機能やお風呂のジェットバス、給湯器などでの洗浄用途が挙げられます。 これらの分野に関わる部品のメーカーや電子機器メーカーなどでは、炭酸ガスなどの人体への影響が問題視されない様なガスを使い、独自の研究と手順によってマイクロバブルを内部発生させ、気泡の働き掛けによる役割を活用しているとされています。テクノロジー技術で人気を集めているのはマイクロバブル以外にも、バイオサークルやレーザーバリアなども挙げられます。また、ハステロイの加工やプリント基板の試作を行なっているところもあり、依頼することで製造も請け負っている専門業者がいるので気軽に利用すると良いでしょう。その他にも、最近では業者のインターネットホームページから購入することも出来るため便利だといえます。

イチオシリンク集

  • Different-GER 株式会社ディファレント分析サービスサイト

    分析をしっかりと行なってもらうことができるので、ROHS10物質について相談したいならここを確かめてみましょう。